• 運ぶものに応じた温度で運ぶ定温輸送

    定温輸送は、運ぶ物品に適した温度を維持しながら輸送する方法で、飲食品や医薬品などに利用されています。

    これまでは温度管理をしないか、するとしても冷蔵・冷凍が主流でした。
    食の安全に関心が高まり、チルドという形態を取り入れる企業が増えてきていることから、よりきめ細かい温度設定が求められているのです。


    チルドは一般に1℃〜10℃程度で温度管理され、輸送中だけではなく、荷捌きのタイミングでも繊細なオペレーティングが求められます。
    温度管理が必要なのは食品のジャンルだけではありません。医薬品やワインなども繊細な輸送が必要です。

    定温輸送情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

    外気温が低い場合は凍結を防ぐために庫内を一定温度にして輸送する必要がある事もあり定温輸送のニーズはますます高まっていると言えるでしょう。



    定温輸送の技術は進化しており、様々な保冷剤や保冷庫などが開発されています。特に特殊な医薬品などでは温度管理以外にも要求される要件がある場合も多く、よりきめ細かい輸送を提供することで運輸会社の差別化を図る狙いもあります。



    物流は温度問題にとどまらず物品の位置を常に把握するトレーサビリティシステムや、荷分けシステムのIT化など多方面で効率化が図られつつあります。


    インターネットを利用する国民が8割を超え、通信販売が活発に行われている現状にあって、運輸業は経済発展を支える重要な責務を負っています。

    しかしあまりにも物流量が多い事で輸送に支障も出てきており、一層の効率化が求められると言えるでしょう。