• 処方箋でもらう医薬品の輸送

    病院にかかると、最近では、処方箋をもらって薬局でお薬をもらうのが一般的になりました。

    その調剤薬局での医薬品の輸送はどういう仕組みになっているのでしょうか。

    処方箋医薬品も、作っているメーカーは数多くあります。
    そこからいちいち注文をとっていると、膨大な会社に発注作業をしなくてはならず、またメーカーの方も、全国に無数にある薬局に1箱、2箱の単位で卸すことは現実的ではありません。そこで、医薬品は卸売を専門にしている会社が各メーカーから買い、そこから契約している薬局へ販売する形で流通しています。

    だいたい、発注は1日に2回から3回行われ、それに合わせて1日に2回から3回、配送があります。

    今、話題の医薬品の輸送に関するお役立ちコンテンツ満載です。

    それで、調剤薬局に毎日ほぼ一定にお薬が在庫されています。しかし、薬局に処方箋を持って行って、現在は在庫がないと言われたことはありませんか?最近はジェネリック医薬品もかなりの数が流通していて、全ての薬を在庫することはスペースの問題からも不可能なため、このようなことは多々起こります。


    こんな時、実は卸会社からの定時の配送以外に、緊急に1品目から輸送を頼むことができる臨時便が存在しています。

    地域によってはバイクを利用して、素早く一箱だけの注文に対応してくれる会社もあります。



    医薬品卸会社の方に在庫があれば、遅くても当日中には手に入ることになります。
    処方箋は、どこの病院のものでも、全国どこでも受付が可能になっています。在庫がないという場合にも、このような輸送システムもありますので、自宅近くの利用しやすい薬局をぜひ便利に活用してみて下さい。