• 品質確保のための定温輸送

    定温輸送は積み荷の品質確保のために指定された温度の範囲で維持することができる環境を保証した輸送のことです。

    食品や医薬品、美術品などは温度の影響を受けやすい商品です。

    定温輸送の口コミ情報を参考にしよう。

    高温にならないように低音を維持すれば良いわけではなく、下限と上限の温度が指定されていてその間で維持しなければいけません。

    従来は食品が腐らなければ問題ないと考え、できる限り低い温度での輸送を行ってきましたが、低温でも商品に影響を与えることがあるため、下限の温度も設定されています。

    その指定の温度の範囲内であることが確実にされていることで品質確保が適切に行われていることになります。



    定温輸送を行う時の温度は、試験によって評価された結果を参考としています。
    低温に晒された時に品質に影響を受けた温度、受けない温度を確認し、それを下限値とします。



    高温側も同じように設定します。ある一定時間、その温度に晒した後で商品の成分を確認し、変質がないか確認します。食品においては食感や水分値、細胞の状態なども評価が必要な項目です。鮮度を保つことで商品価値の高い状態を維持することができます、医薬品の場合は、品質の低下が直接利用者の健康に影響を与える恐れがあります。そのためより厳格な温度管理の下で定温輸送を行う必要があります。

    トレーサビリティーの確保のため温度ロガーを利用することもあります。


    あとから温度の変化状況を確認することで品質確保がなされている証拠となります。