• 貨物列車の定温輸送について

    定温輸送は、薬剤などの医療品や生鮮食品、冷凍食品を配送する際にトラックや貨物列車で用いられる温度管理機能です。

    定温輸送は、貨物列車だけでも全国244箇所の貨物取扱駅と提携し、毎日478本ほどの列車を早朝から深夜の間で運行されています。液化天然ガスや紙類からパルプ、食料品を長距離に渡って配送するには、温度が一定に保たれた状態で輸送する定温輸送が必要不可欠です。

    現代では、温度管理に対応するコンテナの需要が業界から多く求められています。

    定温輸送関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

    鉄道各社では営業サービスに合わせて、定温輸送システムをより良く安定した機能に特化させる努力が進んでいます。


    温度帯の詳細は、5℃以下はクーリング、マイナス5℃はチルド、生鮮食品類を海外配送する際に用いられるマイナス18℃以下はフローズンに分類されます。
    場合によってはフローズンのような低音を一定に保つだけでは不十分で、例えば配送時間が冬季の早朝を挟む際や、海外の寒冷地を輸送する際は、集荷の凍結を防ぐために外気よりも僅かに高温に設定し、バランスを調整する場合もあります。



    大手のショッピングセンターなど、毎日の食品輸送が見込まれる場合の業界は、街を走るトラックのように頻繁に見かける光景ではありませんが、既に鉄道各社と仕入れ先メーカーが共同で提携を結び、企業間共同輸送を実現した専用の定温輸送貨物列車などがあります。



    日本国内では配送ルートを短縮する目的で、最近では倉庫の拡大を強化する試みが見られています。